家族

低消費と省エネのLED照明に取替工事|高機能設備へ簡単リフォーム

住み心地が大きく変わる

笑顔

LEDの進歩とともに、家庭で楽しむ照明器具の種類や、LEDの光りの色も増えてきました。蛍光灯や白熱球とは違い、自然な明るさと長寿命という利点をうまく活用しています。LEDは、それ自体、熱を発しませんから、今まで室内で行う事が難しかった間接照明で空間を照らす事が可能になった点です。
間接照明であれば、照明器具を隠す事で、部屋や通路の雰囲気が一変して、オシャレな雰囲気が生まれます。
また、白熱球では使用するのには難しいところがあった、床置き型の照明器具もあり、オレンジ色のLEDを使えば寝室を優しい光りで照らしてくれてリラックス出来て快眠効果も上がります。リビングやキッチンなどでは、シーリングライトの照明器具が人気です。自然光に近い光により、鮮明になる明るさで、食材や料理が鮮やかになる事で、食欲も増してきますし、空間が明るくなれば自然と家族も生き生きとした表情になり、明るい家庭になるでしょう。また、空間が明るくなる事で、空間が広がった印象を持ち、部屋が広々とする演出効果も生まれます。長寿命なので、交換時期も頻繁ではない為に、少し高い位置に設置する事で、横の広さや縦の広さも感じる事が出来ます。

最近、有機ELを使ったLED照明器具も人気が出てきています。有機ELとは、有機エレクトロルミネッセンスの事で、有機発光ダイオードとも言われて、次世代のLED照明として注目されています。あまり聞き馴染みの無い言葉ですが、スマートフォンやカーオーディオの画面などで使われていて、薄型で明るい光源として使われています。薄型の特徴と、優しい光源を活かして、壁掛け型や天井取り付けに使われ、照明器具を目立たせないような演出が可能です。一部では、薄型のテレビに変わる、新しいディスプレイとしても注目されています。

三田や福岡、三重などには内装リフォームを行なう会社があります。内装リフォームでは、照明の取替工事のほか、さまざまな家の設備を改善させてくれるのです。現在多くの家庭で利用されているリフォームといえば、木製サッシへの取替工事です。金属製とは違い断熱性に優れた木製サッシは、カビや腐食をもたらす結露などの症状を抑制することができるので、住宅に用いると効果的なのです。三重や福岡、三田などのリフォーム会社に相談し、木製サッシへの取替工事がどれだけの費用がかかるのか、相談しましょう。

寿命が非常に長い

お家

LED照明が蛍光灯よりも優れている点といえば、その寿命の長さにあるでしょう。蛍光灯の寿命は6000から12000時間に対し、LED照明は20000から25000時間もの長さで使い続けられます。

View Detail

紫外線もなく環境に優しい

男性スタッフ

室内灯のLEDは、蛍光灯とは違い紫外線が光に含まれていません。そのため、室内への虫の侵入や調度品への害を防ぐことができるでしょう。ほかにも水銀などの有害物質を使っていないことから、環境にも優しい製品となります。

View Detail